食パン専門店 WAZANAKA(わざなか)

コンセプト

職人たちの「わざ」と「わざ」の“なか”を取り持つ食パン専門店 職人たちの「わざ」と「わざ」の“なか”を取り持つ食パン専門店
金澤食パン専門店「わざなか」は、石川県のおいしいものを作る技術を詰め込んだ食パン専門店です。加賀棒茶や能登大納言など、金沢の誇る職人「わざ」と、私たちの食パンづくりにこめる「わざ」。職人のこだわりの「わざ」を合わせて、最上級の食パンをお届けいたします。

商品紹介

金澤食パン専門店「わざなか」の食パンは、すべて工房内で手作りしております。手間暇がかかる製造ではございますが、最上級の食パンづくりにこだわっています。

金澤「生」食パン

ふんわりやわらか、
優しい甘み

生食パンのふわふわな食感と、噛むと広がる甘みは、生クリームをたっぷり使うからこそ実現します。北海道産生クリーム、純粋ハチミツ、バターをふんだんに使った生食パンは、とてもリッチな味わい。まずは何もつけずに、そのままお召し上がりください。迷ったらまずはこちらを食べていただきたい、当店の看板商品です。

¥700(+tax)

金澤「生」食パン プレミアム 金澤「生」食パン プレミアム

こだわり抜いた
最高の食パン

北海道産マスカルポーネ、乳脂肪分47%の高級生クリーム、純粋ハチミツを惜しみなく使い、バターはなんと通常の食パンの3倍使用。水を使用せず、代わりに牛乳を使うことでしっとりやわらかな食感に。生クリームと小麦のうまみが最大限に感じられます。「できたてを何もつけずにそのままで」シンプルに召し上がっていただきたい一品です。

¥1000(+tax)

金澤「焼」食パン

サクッと香ばしい
小麦本来の香り

トーストにして、サクッとした食感と香ばしい小麦の香りをお楽しみいただきたいパンです。トーストした時に、小麦の香りと旨味が最大限に感じられるように、小麦粉を独自でブレンド。厳選した国産とカナダ産の小麦を絶妙な割合で配合しました。小麦本来の旨みをお楽しみいただけます。毎日の朝ごはんに食べていただきたい食パンです。

¥700(+tax)

わざなか「加賀棒茶」

丸八製茶場の「加賀棒茶」と「能登大納言」のマリアージュ

「茶の旨味をじっくりと引き出した加賀棒茶」と「宝石のように輝く大粒の能登大納言小豆」。石川県が誇る食材をあわせた食パンが出来上がりました。皇室にも献上された丸八製茶場の棒茶を使わせていただいております。加賀棒茶の香りと大納言小豆の甘みがベストマッチング。金沢らしい、手土産にもぴったりな食パンに仕上がっております。

ミニサイズ 700円 ミニサイズ 700円

1本 1200円 1本 1200円 予約限定

※わざなか「加賀棒茶」1本 (ギフトBOX付) は、ご予約限定の商品です。ご希望の際は、事前にご予約をお願い致します。

大切な方への贈り物や金沢観光のお土産に 大切な方への贈り物や金沢観光のお土産に

ギフトボックスをご用意しております。

食パンのご予約

わざなかについて わざなかについて

食パンづくりの「わざ」は、素材選びから始まります。素材が悪ければ、どんな熟練の技術も無意味なものになるからです。小麦粉はもちろんのこと、北海道産の乳脂肪分が豊富な生クリーム、純度の高いハチミツの選定まで、素材の一つ一つにこだわっています。素材そのものの風味を楽しめるよう、マーガリン、 着色料、香料、乳化剤、イーストフードといった添加物は不使用。卵アレルギーがある方でも食べられるように、卵も使っていません。小さなお子さまにも安心して召し上がっていただける食パンをお届けします。

パン作りはとても繊細な技術。その日の気温や湿度によって発酵の仕方や水分量がかわり、味が変わってしまうこともしばしば。わざなかの食パンは熟練の職人が毎日厨房で一つ一つ手作りすることで、いつも変わらぬ美味しさをお届けいたします。

食べ方

  • 金澤「生」食パンは、初めは何もつけずに“生”のままでお召し上がりください。ふんわり・もちもちした食感とパンの自然な甘さをお楽しみいただけます。

  • 厚切りにした食パンをトーストすると、表面はサクッと、中はふわふわ食感。“生”とは違う食感お楽しみいただけます。当店のオススメは、“金澤「焼」食パン”をトーストいただくことです。

  • トーストした後に、バターやジャムを塗ることでさらに美味しく食べられます。当店の食パンにピッタリなジャムも販売しております。

店舗情報

金澤食パン専門店「わざなか」
住所
〒921-8815
石川県野々市市本町6丁目12-70
電話
076-227-8555
定休日
なし(※臨時休業あり)
営業時間
11:00~18:00
駐車場
有り